FXのデイトレードを始めてみましょう

FXデイトレードのイメージ

FXのデイトレードは初心者にも難しくありません。
為替取引は世界中で行われ、24時間動いているので、取引時間が限られている株式よりもデイトレードに向いているとさえいえます。
主なマーケットは、東京、ロンドン、ニューヨークです。東京の昼時間に活発に行われていた取引も、夕方になるとこれから昼になっていくロンドンに主戦場が移ります。

その後、ロンドンからニューヨークに主戦場が移り、東京に戻ってきます。主戦場が移るとき、マーケットが動くことが多く、もちろん東京時間の間もマーケットは動くので、チャンスも24時間あります。
株価の動きをチャートで見ることができるようになった初心者なら問題なくできます。投資資金をFXにも振り向けて投資の幅を広げることで、より世界が広がります。
日本人には、FXの中でも米国ドルと日本円の取引になじみがあります。けれども、米国ドルとユーロの取引の方がずっと多いのがこの世界です。
夜はユーロを取引しようかなと思えば、簡単にできます。為替も株価と同じように、事件が起きると大きく動きます。イベントリスクにも注意をしましょう。
経済だけでなく、政治にも目を向けておく必要があります。

けれどもリスクにばかり目を向けて恐れていては、利益を上げることはできません。
大統領の発言でドルの価格が大きく動いたとしたら、一方にとっては損失になりますが、反対側には利益です。
要するに、これから世界と経済がどう動いていくのか、自分なりの見通しを立て、それが正しければ利益を上げることができます。
デイトレードでは、イベントリスクをどう扱うかが重要です。例えば、米国の雇用統計が発表された瞬間は、値動きが大きくなります。
上にも下にも動くので、思わぬ失敗をしてしまうこともあります。成功すれば、大きな利益です。

初心者の間は、このような時間には取引を避け、動きが読みやすい時間帯で取引をするのが、無難です。
それでは物足りないと思うことはありません。
チャンスは一日に何度もありますから、取引の回数を増やせばいいだけです。
始めたばかりの間は、資金を大きく投入することは避け、自分なりの取引のスタイルを見つけましょう。

初心者がFXをする場合はリスク管理をしっかりと!

FXは証拠金取引です。必要な自己資金は証拠金だけです。
この証拠金で、実際の額の何倍もの取引ができます。これをレバレッジを利かせるといいます。
たとえばドル円の取引でドルを買えば、いつか必ず、円を買い戻して、その取引を完了しなくてはなりません。

高い値段で買ったドルがどんどん安くなっていくとすれば、損が次第に膨らんでいきます。
レバレッジを利かせているので、予定損失額も大きく膨らんでいきます。
いつか戻るだろうと根拠のない期待をして、そのままにしておくと強制ロスカットとなり、損失が確定します。

最悪のケースは、元本割れとなってしまうことです。これが、FXの怖いところです。
けれども、原因がわかれば対処は可能で、完全な失敗にはなりません。原因は、自分の欲にあります。
初心者は、最初の取引で成功すると、次もうまくいくと信じてしまいます。そして欲を深くし、より大きな取引をします。
その次も成功すると、さらに取引額を大きくし、やがてどこかで大きく負ける時がやって来ます。
デイトレードでは、何回も取引をするので、1回失敗しても、次はうまくいくと信じて、一日に何回も取引を続けてしまいます。
休むも相場。こんな格言があります。初心者の悪い点は、夢中になって休むことを忘れてしまうことです。

24時間取引ができるFXだからといって、デイトレードだからといって、寝食を忘れて没頭するのは、プロでも避けるべきことです。
自分の元本を確認します。そして、どのくらいの損失になったら、その日は取引をしないと決めておきます。
取引のチャンスがなくなるわけではありません。再開しようと思えば、すぐにできます。
セルフコントロールを初心者でいる間に身に付けてしまいます。これが成功するデイトレードの重要な秘訣です。
FXは、自己管理とリスクを忘れさえしなければ、魅力ある投資の世界です。デイトレードにも最適です。デイトレードFXを始めて、適切な利益を上げてください。